2017/10/10 (Tue) 00:30
そろそろ飽きてきたこのシリーズ。
多分、以下のうちで説明していないものを説明して終わらそうかと。。。
できれば週末のアフロ楽団のこととかも書きたい。

①2アカで、それぞれの画面をみると、同じルートを走っていない。
②人の多い場所だとかくかくする。
③スキルをクリックしても、なかなか発動しない。
④カスタムスロットがなかなか開かない。
⑤突然ワープする。
⑥右からクリをくらった。


まず①は飛ばして③から説明する。
動きから以下の流れでスキルが発動~完了しているとみている。
171009_skilldelay1.jpg
スキルボタンを押すと、Serverへ発動を伝えるパケットが飛ぶ、受領したことが確認できれば、クライアント側のスキルアイコンは非活性化(アイコンが暗く、「すでに使用中です」という状態)になり、結果が通知されて、状態が反映する。
スキルが発動すると、遅延がなければ、直ぐにボタンが非活性化されるはずである。これ、実は修理とか外科でも同じように見える(完了までの時間が短いだけ)。
一方、なかなか発動しない場合は、連打できてしまう。すなわち、DOL Serverに届き、スキルアイコンが非活性化するまでの時間が長くなっている。これは多くはネットワーク的な遅延とサーバ環境の性能問題の両方が考えられる。
なお、スキルパレットの場合、マウスが少しずれて・・っていうこともある。
サーバ性能問題も心当たりがあるが、これ話すと長くなりそうなんで割愛する。また機会(本人の気力)があれば・・・。

で、非活性にならないから連打できてしまう。
171009_skilldelay2.jpg
この「連打」というのが厄介で、サーバの負荷や発動のドロップということを引き起こす。
例えば、修理しても艦隊メンバの耐久がMAXだったら発動しない「無効な修理」となる。スキル発動しても条件に見合わない場合は、無効として扱われる。これがドロップの原因である(また、サーバにも負荷をかける)。
じゃあ、連打しなければ通るのか?というと、ドロップの判定条件が分からなく、1度押しただけでもドロップになることもある。
あと、マウスカーソルが微妙にずれていたとかはあるけどね・・・

④カスタムスロットは、開く際にServerへ問い合わせてを行っている。この余計な通信がスキルパレットと異なる点である。
で、上の図で「スキル発動」を「カスタムスロット開く」に読み替えたのと同じ状況が発生する。

この点は運営側でも対応は可能だと思う。
起動時などにパレットの内容をメモリ保存しておいて、開くことについては特に通信を発生させないということで。

ただ、③、④に関して個人的な意見としては、連打が必要なオンラインゲームってどうなんだろうか・・・
変な仕様というか、ネットワークを理解している人が考えた仕様とも思えないや・・・
もしかしたら、連打させると、なんかRTSみたく戦ってる感じをさせたいがために、こんな仕様にしたのかもしれないけど・・・

<追加で余談:連打がまずい例>
昔、お隣の某K国からの集団攻撃で、日本のWebサイトが落ちたことがある。
手段は簡単、目標のWebサイトを開いて、「更新」ボタン(多分Ctrlも)を連打するだけ。それをかなりの人数でやったそうな。
また、DoS攻撃という中途半端な状態でパケットを送信する方法がよく使われているが、その対策として、連打とかの通信が一定回数続いたら遮断するファイアウォールもある。私はこの辺りが悪さしているとみている。


①・・・まぁこれはどうでもいいんじゃないかな・・・
説明すると、陸上では座標で管理しているみたいだから。
ただ、サーバ上の座標でなくて、クライアント側に、移動前・後に、前・後の座標だけ渡して、その間の動きはクライアント側で計算させているからである。
サーバ側と同期取りながらだったら、きれいに移動するのだろうけど、そこまでネットワーク負荷かけさせたくないのだろうね。
まぁ、これが改善されてもどーってことないけどさ。


他にも、戦闘開始判定が、自分のPC座標とサーバ上の座標の両方で判定するので、向かってきた高速艦隊を捕捉できないなどもある。遅延やら遅延から蓄積される座標のずれによるもので、オンラインゲームである以上仕方ないのだろうけどね・・・
ただ、この件については、そもそも、戦闘開始して、双方とも停船するのが変な仕様だけどさぁ。
(FF6のケフカあたりが、「待てと言われて待つ馬鹿がいますか。」とか言い放ちそう・・・。)


 
 
More:
 
SSD使っている人へ。
Windows にはWindows Searchというサービスが動いています。
これ、ファイルの索引を造るサービスです。ファイルの索引を造ることで、ユーザやシステムが読みたいファイルを高速で探してくれるものなんだけど、索引をディスク上に作成し頻度よく更新する。
SSDは読み書き早いけど、書き込み回数の上限がある。
そう、このサービス動いていると、セクタ不良を起こす(そもそもSSDなら索引も必要ないくらい早い)。なので私自身はこのサービス無効化している。

ところが、多分9月の累積パッチと思うが、そのあたりから、4台のPCのうち2台が勝手に有効化されていた。
なんか条件があるのだろうけど、同じようにサービスを止めている人は、再度確認したほうがいいよ。
スポンサーサイト

 
コメント投稿
名前
題名
mail
URL
pass
装飾
本文
非公開