2017/10/01 (Sun) 22:00
ルータがどのように遅延に寄与するかを見ていこう。

左上の自宅のPCから、右のDOLサーバへ接続する際に、Routerは目的地へ回線を選択し、なるべく短いルートで接続することになる。
171001_router0.jpg
ただ、この回線は他の人とも共有している。

共有するために、通信はパケットというデータの塊に分割して送られる。
下の図で、白や黒の〇や△は、そのパケットである。
171001_router1.jpg
左上や左下のパケットを、混ぜ込んで右のRouterに送っている。右のRouterはその先の・・・と繰り返している。
また、各Routerは、宛先に近いRouter等につながる回線を検索し、回線が空いていたらパケットを送信する。
171001_router_mechanism.jpg

これを手元のコンピュータからDOLサーバまで繰り返しているわけである。そしてDOLサーバ内での処理を行ってから、手元へ戻ってくる。URLを入力し、タイトルバーにサイト名が出てくるまでの時間や、DOL内でスキルパレットを叩いて戻ってくるなどの時間が大体この時間になる。

じゃあ、それほど遅延する要素ないじゃないか?と思うかもしれない。

夜間の道路のようにスカスカであれば問題にならない。問題になるのは、混雑している場合である。
この場合、先の図は以下のようになる。
171001_router_mechanism2.jpg
結局、「回線が空くまで待つ」時間が問題なのである。場合によってはタイムアウトしたりする。

実際、私自身問題が起きる日時が日曜日の20時以降と大体決まっている。
おそらく、ISP間でこの問題が起きているのでないかな?とは類推しており、半ばあきらめている。

実はこの遅延、DOLのゲーム内で右からクリをもらうことにも関係している(この件はゲームシステムでも対応しようはありそうだが・・・まぁやらんだろうな・・・)。その辺からくりは次回にまとめよう。

余談1、まぁかなり大雑把に書いたよな・・・。データリンクや物理層の話まで絡めて書くと(最初描こうとした)、えらい図になったわ・・・
余談2、キャリア系ISPだとSDH/SONETとかATMとか使って相当高速化されていたり、NOCやPOPなどの回線の冗長化や分散化などやっているけど、そんなこと書いたら「睡眠学習かっこわらい」になるのは目に見えているしな・・・
余談3、うちのISPが海外とつながっているところなので、某大型動画サイトへの通信が邪魔をして混雑しているんだろうな・・とは思っている。

 
 
More:
 
iPad miniは非常に便利。
4年前に購入して、寝転びながらネットサーフィンや、Youtubeやnicoなどの動画閲覧、電子雑誌購読もろもろと使っていた。しかもminiサイズでかさばらないので、よく出張のお供として持って行っていた(マッチ箱サイズのWifiルータを持っていくことも)。
この1週間、風邪で寝込んで居たのだけど、寝転びながらネットサーフィンなどできるので、ちょうどよかった。特に出張でホテル先でやることなかったしね・・・
ただ、この間の金曜日くらいから電源ケーブル繋いでいるにもかかわらず、バッテリーの残量が減っていく始末であった。
で、翌日、放電しきって使えなくなった。

移動時の衝撃でコネクタが壊れたのかもしれないけど、結構な痛手。
というのは、まだ調子悪くて寝込んで居るから・・・。

まぁ、iPadが使えず、あまりにも暇すぎて、こんな長文書いていたのだけどね・・・
黙祷

追記。。。
電源ケーブルを変えたら、難なく充電できた・・・
Apple純正がだめで、どっかのケーブルがOKとか・・・
スポンサーサイト

 
コメント投稿
名前
題名
mail
URL
pass
装飾
本文
非公開