2017/03/17 (Fri) 01:15
ほんと大海戦のネタばかりだなと思うこの頃。

まず戦績について。
言い訳するわけじゃないけど、手練ればかりと戦っていたこともあって、最終日は戦功十数とか。
ただ、自分なりには動きはできていたと思っている。相手が上手だっただけ。
まぁ、某艦隊に、全滅狙いとかもされたしね・・・余裕なんでしょう。

参加者について。
適度な相手については、おそらく不参加かN狩りにいったと推測している。
先日も書いたけど、連続の海戦で参加者が遠のいているように思う。また、今回は遠地だったのもある。
正直、私も2週間の間に、船装備回復のためのナント籠りや、タロット消費待ちで他の事やれないのはちとつらい。
# まぁ、セフィロトをリアルマネーで買って、女帝でるまで回せば早く済むけど・・・
今の大海戦は、一般ピープルには敷居の高い行事になっているな~~と思ってる。
一方で、装備とか回復してくれるBCなんぞは、月一になってる。本当は、BCと大海戦、逆の方がいいんじゃない?と思うこの頃。

海戦中に話があった、「煙幕防御」「中型の直撃阻止」について。
先日の記事の通り、直撃阻止は付与した。大型はつく船がガレー+アルファしかないので考えようだろう。
きょうびガレー乗りするなら錬成漕ぎは必衰のように思う。ちょっと漕ぐを錬成R10まであげようかと思うこの頃である。かといってアイアンサイズもないだろうし・・・

煙幕防御については、ようやく重い腰をあげました(って先日も書いたか・・・)。
170313info2.jpg
なんか、おされなコーディ考えないとなぁ・・・

以下おまけ。
 
 
More:
 
Scientific Americanに、去年暮れの大統領選挙について某国からの票操作だという記事があった。こちらは論理だてて記載されているが・・・電子投票システムに対してか?それとも選出された人へ対してか?
まぁ、この雑誌はリベラル(だからこそ読んでるのだが)だから、こういうネタにも走るのかな?

ちょっと固い話でした・・・
スポンサーサイト

 
コメント投稿
名前
題名
mail
URL
pass
装飾
本文
非公開